プーさんの寝室環境

娘曰くプーさんのベッド、らしいのですが状況から見てどうみても
電磁波の影響をきつく受けてそうなので測定してみました。
測定値は440ミリボルトパーメーター。

私たち電磁波測定士が採用するスウェーデンの安全基準値25ミリボルトパーメーターの約18倍…。
娘に「これじゃあプーさん疲れ取れんと思うよ」って言いましたがほったらかしで寝にいってしまいました。実はこれに似た状況って良くあるんです。
例えばこんな状態。

弊社で作成した屋内配線のモデルの上に
寝かせて充電中の携帯を横に置いています。

こういう状態で寝ている人けっこういらっしゃるんじゃないでしょうか?
一枚目の写真で言うとラジカセが携帯にあたり、
下のの延長コードが床下の屋内配線にあたります。
電磁波を測定してみると…
 240ボルトパーメーター。
安全基準値の約10倍です。
一枚目の写真はプーさんがラジカセに直に触れてたのでその違いでしょう。
携帯をどかしてみても・・・
 安全基準値の5倍です。
私達が何件も測定させていただいて
寝室が木造住宅の2Fや3Fの場合
ベッドや布団の上がこのくらいの測定値
になる事はざらです。
床下に入っている屋内配線が主な発生元です。
寝付きが悪い、
熟睡できない、
寝ても寝ても疲れが取れない、
就寝中に何度も目が覚める、
朝起きたら頭痛がする、等がある方は
これが原因のひとつになってるかもしれません。
次回は対策方法を紹介します。

TOP

〒616-8256
京都市右京区鳴滝松本町8-28

TEL 075-461-2747 / FAX 075-461-2748
info@life-kyoto.com