子供は育つ環境を選べない

基本的に子供は親の暮らす環境で育つ事になります。

産まれてすぐに「僕は日本じゃなくてアメリカに住むよ」とか

「私は京都じゃなくて北海道に住むね」とか

「マンションじゃなくて戸建てに住むわ」

って事はできません。

親のいる国、地域、家で暮らす事になります。

 

だから私は子供の育つ環境は100%親、大人の責任だと思っています。

 

私が家づくりを仕事としている動機の一番は「子供達のために」です。

動機的には大人は2番目ですが

実際の行動は大人に一番焦点を当てています。

大人が変わらなければ子供の環境も変わらないからです。

 

大人は自分の選んだ環境に責任が持てます。

もし望まない環境を選んでしまってもその判断に

責任を持てますし、自分の判断で変える事もできます。

 

しかし子供は親、大人の与える環境の中で育つ事になります。

だから子供の育つ環境を変えていくには

私達親、大人が変わらなければなりません。

 

余談ですが「子供は親を選んで産まれてくる」

という説を私は信じています。

産まれる前にあの世から見ていて「あのお母さんとお父さんにする」

って決めて産まれてくるっていう素敵な話です。

だからといって「いやいやこれも子供自身が選んだんだ」

と考えるのはちょっと違うと思います。

 

 

 

 

 


TOP

〒616-8256
京都市右京区鳴滝松本町8-28

TEL 075-461-2747 / FAX 075-461-2748
info@life-kyoto.com