木の香りは心強い味方

今日は午後から南丹市にある材木屋さんに行っていました。

そこであった出来事です。

 

ちょっとした打ち合わせだったので木の香りがする材木が並ぶ中のソファ

に座って話をしていたのですが、

しばらくするとすごく眠たくなってきたのです。

 

多分木の香り成分に含まれるリラックス効果が効いて

副交感神経が優位な状態になり、眠たくなったみたいです。

脳波だったらアルファ波、神経伝達物質ならセロトニンが

沢山分泌されている状態、になっってたんだと思います。

 

木、特に杉の香りには優れたリラックス効果があります。
(逆に檜は覚醒系の香りです)

リラックス系のアロマオイルにも杉の香り成分が入ってる物がありますよね。

 

ここで注目したいのが

木の香り=リラックス=眠い

ではないという事です。

 

私の理解では

リラックス=今心と体が求めている状態にしてくれる

です。

 

今日実はとても疲れていました。

盆休みから今日まで、休みの日も子供と遊んでたり

なんだかんだと好きな事やってたので休息をとっていませんでした。

そのうえここ数日睡眠時間が短い日が続いていました。

 

なので体が休息を求めていたのでしょう。

木が「休みなさい」と言ってくれているようでした。

そしてそれに従って休むと短時間でもすごく疲れがとれるのです。

杉の無垢材でリフォームした自宅の部屋でも

にたような経験をする事がしばしばあります。

 

このリラックス効果を味方につけるととても心強いです。

疲れている時はもちろんですが

・集中して仕事をしたいとき

・インスピレーションを必要とする芸術活動

・子供が勉強する時

・家族とリラックスして楽しく過ごしたい時

・読書タイム

・映画観る時

・ぼ〜としたいとき

等々

どんな時でもでもリラックスできている時って幸せな時間ですよね。


TOP

〒616-8256
京都市右京区鳴滝松本町8-28

TEL 075-461-2747 / FAX 075-461-2748
info@life-kyoto.com