ブログ

販売する側、業者側の責任

初めてのブログです。

いきなり少し重たい内容になってしまったかとも思いましたが初めてのブログに
この内容を選びました。
販売する側、業者側の責任
どんな職業、業種でも販売する側、業者側の責任は重いと思う。
なぜなら業者側は専門家、プロでありお客様の側はほとんどの場合専門家ではない。
特に建築業の場合その責任はことさら重いのではないだろうか。
一つは売っている物の値段が高いからだ。
安い物と違い、買ってみたけど「あんまりだったから買い替えよう」って事はよっぽどのお金持ちでないと出来ない。
もう一つは現在市場に出回っている物のほとんどが商品として質が低いからだ。
例えば車なら趣味や生活スタイルに会うか合わないかはあってもよっぽどの事がない限り車としての最低限の機能・性能は日本のどのメーカー、どの車種を選んでも間違いはあまりないだろう。
しかし建築業に関してはあまり深く調べず、業者の言う事をそのまま信じていたら良くない物を買ってしまう可能性が非常に高いのが現実ではないかと思う。
中にはお客様自身で深く調べ、良い物を手に入れたり、

お金持ちである事から良い物を手に入れる方もいらっしゃいます。
お客様自身が調べたりする事を楽しんでおられる場合は別だけど、

優れた情報収集能力がある人や一部のお金持ちだけがちゃんとした物を買えて、情報がなかったりお金がなかったりする人は良い物を買えない世の中なんておかしい。
極端に言うと騙された方が悪いっていう世界じゃないだろうか。

じゃあどうすれ良いか?
これは業者がきちんとしていれば良い問題だと思う。

大手のメーカーや国の指針などを鵜呑みにせず自分自身で調べ、体感してみれば何が良い物かは少し時間がかかるかもしれないがわかってくると思う。
それから自分が良いと判断したうえで、お客様のニーズに合ったものを、お客様の意向を聞きながら話を進めていけばお客様は良い買い物ができると思う。

 

商品としては当たり前ではないといけないレベルの事(例えば家なら安全性や耐久性)をお客様に貴重な時間を使っていただいて「大丈夫なのか?」と調べさせてはいけないと思う。

それよりもお客様の生活スタイルや趣味に合う商品探しなど(家なら外観はこんなのがいいな、とか庭にはウッドデッキがほしいね、とか)もっと夢のある事に時間を使っていただきたい。
「細かい事は良く分からないけどとっても良い物を買えた」となればとても良い事だと思う。

そんな世界の方が素敵だし自分が消費者の立場になった場合でもうれしい。


TOP

〒616-8256
京都市右京区鳴滝松本町8-28

TEL 075-461-2747 / FAX 075-461-2748
info@life-kyoto.com