100kmウォーク 〜なんでそんな格好で歩いたのか編〜

前回書いた100キロウォークですが実は仮装をして歩いていました。

今回はなぜそんな格好で歩いたのか、その理由を書きます。

この100キロウォークですがセミナー仲間総勢33名で参加していました。

そこで一つのコンセプトを掲げて歩いたのです。

そのコンセプトとは

「100キロを歩ききる、という極限状態においても自分自身だけに

焦点を向けるのではなく一緒に歩く仲間、他の参加者、大会スタッフの方

道行く沿道の方々等自分以外の誰かにも焦点を向け、何かを与え、

受け取ってもらう」

という事で、仮装はその一環でした。

 

結果は大成功だったと思います。

 

仲間以外の参加者の方をはじめすごく沢山の方から声をかけられ

写真も一緒に撮ってくださいと言われたりもしました。

 

中でも他の参加者の方から

「その格好見て元気出た」とか

「君達がそんな歩きにくい格好で歩くんなら俺もがんばって歩くわ」等

自分たちが他の人の100キロを歩く手助けをできた事です。

 

他の参加者の方を元気付ける、という事は目的の一番にあったので

これができた事はとてもうれしかったです。

 

だからそう言ってもらったこっちも元気が出ます。

 

他にもこの格好をしていた事で様々な人とコミニュケーション

とる事ができました。

手を振ってくれたり声をかけてくれたり応援してくれたり・・・

その度に元気が出たり脚の痛みがまぎれました。

 

この格好をしていたおかげで他の人も元気にできたし同時に

自分も元気をもらった、そう思っています。

 

一見歩きにくそうに思えるこの仮装ですが、この仮装をしていなければ

もしかしたら100キロ完歩できていなかったかもしれません

毎晩夜なべして作って良かったです(笑)

 

 

 

 

 

 


TOP

〒616-8256
京都市右京区鳴滝松本町8-28

TEL 075-461-2747 / FAX 075-461-2748
info@life-kyoto.com